免疫力アップ007|海ぶどう

皆さん、めんそーれ。

太陽の光が眩しくなったこの頃、いかがお過ごしでしょうか?

こう天気が良い日が続くと海に行って日光浴や海水浴をしたいですよね。

そして海といって思いつくのが、そう沖縄です。

私は沖縄が好きで毎年バカンスに行くのですが、その時絶対に食べるのが“海ぶどう”なんです。

沖縄が恋しくなり沖縄料理屋さんに行った時も、やはり海ぶどうは必ず注文します。

そんな沖縄好きには欠かせない海ぶどうですが、どんな栄養素が含まれているか知っていますか?

今回のオーガニック・ナビは、海ぶどうと免疫力の関係性についてお送りしたいと思います。

 

別名、長命草やグリーンキャビアとよばれる海ぶどう

海ぶどう

 

まずは海ぶどうの簡単な情報から。

海ぶどうは、沖縄本島や宮古島、伊良部島などの海域にせいそくする海藻です。

名前の由来は、想像通りぶどうに似ているから。

海外ではその緑がかった粒の形状から、「グリーンキャビア」ともよばれます。

宮古島では栄養成分を豊富に含むことから、「長命草」といわれてきました。

「グリーンキャビア」に「長命草」、なんとも体に良さそうな別名ですよね!!

では実際、海ぶどうにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

 

誰もが必要と感じているカルシウムを豊富に含有

カルシウムで骨を丈夫に

海ぶどうには、カルシウムが多く含まれています。

カルシウムは皆さん御存知の通り、丈夫な骨と歯をつくり、筋肉の働きをサポートするなど、体にとって重要な働きを担っています。

さらに、海ぶどうには体内の約300種類以上もの酵素の働きを助けたり、カルシウムが有効に働くようにサポートするマグネシウムも多く含まれます。

現代人はマグネシウム不足だといわれており、集中力の欠如、慢性疲労、イライラを引き起こします。

骨や歯を丈夫にし、イライラを解消させ集中力をアップさせる。

まさに海ぶどうはスーパーフードですね!!

 

憧れのお肌プルップルを手に入れる

ヒアルロン酸

海ぶどうは、美容にとって欠かすことのできない“ヒアルロン酸”が含まれています。

齢とともに低下するヒアルロン酸は、1グラムで6リットルの水を保持できるくらい保水力がものすごい成分です。

それにより肌の保湿効果や、たるみやシワの対策も期待できます。

逆にヒアルロン酸が不足すると、乾燥肌や肌あれの原因になってしまいます。

肌の真皮を構成するエラスチン、コラーゲンとともに、肌の弾力や保水性をキープする美容にとっては必須の成分といえます。

 

ヌルヌル効果で、生活習慣病にさようなら

生活習慣病

海ぶどうの中には、フコダインというコレステロールや中性脂肪、血糖値を低下させる成分が含まれています。

フコダインは海藻に含まれるヌルヌル成分のことで、生活習慣病の症状を改善してくれます。

免疫力アップや肝機能の向上も期待できる上、動脈硬化を防ぐ働きもあるので、血管系の疾患の予防になる食材として期待が持たれています。

 

いかがでしたか?

プチプチっとした食感と適度な塩気が美味しい海ぶどう。

美味しいだけではなく、その姿からは想像もできない栄養素が詰まっています。

沖縄旅行に行く方はもちろん、居酒屋などで海ぶどうを見かけたら積極的に注文したいですね!!

次回は、海ぶどうの食べ方についてご紹介いたします。

 

 

こちらの商品も是非ご覧ください↓
抵抗力を高めるβグルカンを並外れて含む鹿角霊芝のサプリメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です